FC2ブログ

Gry的日常

TONAN Marching Band The Gryphonsの活動をご紹介します。

8月8日:ハチ北合宿第5日

合宿最終日となる第5日。台風5号はすでに通り過ぎましたが,雨雲はまだ残っています。
天気予報的にはそう悪くはないのに降り止まないのは,ここが山の上だからかもしれません。
朝食の席上,最後に少しでもコンテ読みが出来ればいいね,と話し合いますがどうやら難しいようです。

『今日も雨でフィールドに出られなかったので,リアの確認はできなかったけど,PART練が1時間30分もあったので,楽譜の確認がたくさんできた。マークタイムをしながら合わせたので,ベル操作のタイミングやHoldのタイミングが掴めてよかった』
7080801合宿第5日



最終日ということで練習は8:30〜12:00の3時間30分を残すのみ。朝イチはSTAFF・Shouheiくんが指導するMM(基本動作練)からスタート。顧問3名はその傍らで,合宿朝の日課である「個人ログ」チェックに追われています。
7080802ログチェックとMM
雨天バージョンも2日目,昨日と同じような絵柄が被ることを避けようと,今日はPART練の時間帯に取材に回りました。
人数が少ないFluteは二人部屋がそのまま練習場所。ClarinetとSax.もそれぞれPART単位の部屋がそのまま練習場所になっています。
7080803PART練1
雨天バージョンの場合,金管楽器は1Fの大部屋か,食堂を使うことが多いようです。
軒下ではBass Drum LINEがSTAFF・Wakameの指導で音練中。6名中3名が参加を続けているCym.LINEはクワッドリフト乗り場の屋根を活用していました。
7080804PART練2
このまま練習終了かと思われた11:30,突然雨が止みました。
雨雲レーダーで確認すると30分程度は雨雲が薄い状態が続きそうだ,ということで楽器を持たずにフィールドへ移動。まだ読めていないM3コンテ後半数枚を読むことに挑戦します。
残念ながら,始めて15分ほどで再び雨が降り始めましたが,現在,配布されているM3コンテの最後まで一応読むことができました。

『雨が降ってPART練をしていると,自分の能力を上げていく大切な時間ではあるけれど,外へ出て歩いてコンテ練をしたいって気持ちが強くて,ラスト15分くらいやけどコンテ練ができて本当によかった』
7080805コンテ読み15分
練習終了間際から降り始めた雨は,昼食〜掃除〜梱包と帰校準備が進む間も止みません。トラックが到着して積込む時は,人海戦術でブルーシートのトンネルを作って対応します。
6日練習終了後,台風に備えて最終日にトラックに積み込むものは可能な限り別館に集積済だったので,作業そのものは順調に進んでいるようです。
7080806雨の積込
積込&撤収雨バージョンで最後に残る難関は,人間を(雨具を持参していたのは2/3)濡れずにバス乗車させること。
トラック積込が終了し,あさひの皆さんに御礼を言ってから,アイスクリームをご馳走になりました。
幸いなことに,この間に雨が止み,全員そのまま無事にバスに乗車。学校での積み降ろし&搬入が残っていますが,ハチ北高原とはこれでお別れです。あさひの皆さんとみはらしやの女将さんに見送っていただきました。
今年も4泊5日お世話になり,ありがとうございました。
7080807出発
『今までやって来た中で一番前向きに取り組めた日だったと思う。2年生で反省会もして,どうすればいいか曖昧で不安な気持ちになりながら今までやっていたけれど,今日は自分たちからたくさん声が出せて,この良い雰囲気を忘れずに塔南に帰っても継続していこうと思う』

【本日の番外編その1】‥‥ドラメーズご紹介その2
Gry2017を支配,もといコントロールするドラメーズご紹介第2弾。
後方から睨みをきかせる,じゃなくてハイテクを駆使してテンポを支えるSub.DM1号,Warasukeくん。自身の合宿は6日で終わっていますが,オレンジ色のオープンカーを駆って福知山から応援に来てくれました。
実はWarasukeくんもGryルーキーイヤーはあHrズの一員。つまりGry2017はあHrズ帝国に包囲?されてShowを演じていることになります(^0^;)
せっかく来てもらったのに雨は止まず,残念だったのですが最後の15分間のコンテ練で活躍してくれました。
7080808ドラメーズ紹介その2
【本日の番外編その2】‥‥足湯!
山を下りると下界の道路は乾いていました(-。-;)
ハチ北高原から走行すること約40分,国道9号線沿いの「道の駅八鹿・但馬蔵」にある足湯は,これまでも帰路の車組を癒すとともに,団長携帯水没事件ハギ先生そのままザブン事件など,数々の伝説の舞台となってきました。
首痛が完治せず京都居残りとなったハギ先生に代わり,ハギ号のハンドルを握るTokupai先生,最終日まで参加のCym.Chinami先輩と,体調を考慮してバス本隊を回避した1年生Harukiで少し休憩していきましょうか。
もちろん今年は何も起こらず,至って平穏な足湯でした(^_^)b
7080809足湯


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gryphons.blog104.fc2.com/tb.php/546-fe48ba42

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

たかはしT

Author:たかはしT

since 2007.05.13.

Gryphonsへの連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん