FC2ブログ

Gry的日常

TONAN Marching Band The Gryphonsの活動をご紹介します。

9月21日(祝):シルバーウィーク練の日(その1)

京都府大会翌日から2日間,Gryphonsの準ホームタウンともいえる,南丹市八木町での練習が続きます。
ファーストショウを無事に終えて,一山越えた感はありますが,次の本番である10月のマーチングインオカヤマ,そして11月の関西大会へ向けて,さっそくショウの再チェックとグレードアップに取りかからねばなりません。
まず,この2日間で,サウンド面,演出面での方針を再確認することから始めます。

『府大会も終わり,少しホッとしたけど,関西に向けての練習がスタートしました。レッスンでは立奏して各曲を見ていただきました。吹きやすい音域になると高音より息のスピードが落ち,鳴りがとても遅くなってしまいます。』
5092101八木2日連続

Winter Marching Party in KYOTO 2015 開催案内アップしました。
→Gryphonsサイトはこちらです



あまり目立たない部分ではありますが,Pit.楽器のラインナップも,より「SAKURA」風の音色になるようグレードアップが図られています。届いたばかりの「My平太鼓」の梱包を解く,復活した(でも冷えピタは手放せない)ハギ先生。さっそく音色を確かめます。
「ウフフ・・・良い音色です♡」
5092102締太鼓!
本日は主としてサウンド面でのチェック&グレードアップがテーマに設定されています。コーディネイターE先生,HornLineインストラクターN先生をお迎えして,午前の最後にランスルーを実施。昼休み中にSTAFF会議を設定し,午後からの練習方針を確認して,レッスンを進めていただきます。
早くも,京都府大会講評の分析も行われ,指摘されたことから洗い出した課題点も記載されました。
5092103WB21日
E先生・N先生のご到着まで少し復習をしてから,本日1回目のランスルー。
府大会で撤収時に大布から少し桜吹雪がこぼれ落ちてしまいました。布1枚の軽さのゆえに,ColorGuardが最後に上に乗って振るときの足元が不安定なのも,これから改良作業を進めなければなりません。
ランスルータイムは7分57秒。やはり大会翌日で疲れているのでしょうか,テンポが上がりきっていないようです。

『府大会翌日というのもあり,体力・精神的にも少ししんどかったです。でも,そこであきらめず,自ら進んで声を出していけたのが嬉しかったです。個人的に,今日の練習は良い雰囲気だなと感じていました。』
5092104ランスルー21A
STAFF会議が行われている間,メンバーは昼休み。思い思いに楽しんでいますね。
と,微笑ましく見守っているその時,Pit.のHatsuneが走ってきて呼び出されました(^_^;)
何かと思えば「鼓シャツ2015」が完成したからネタにしろ,とのご要望。
はいはい,分かりました,ご提供感謝します!
5092106鼓Tシャツ集合!
デザインは例年と同じく「鼓」1文字をショウイメージで飾って,BatteryとPit.は色違いですね。さすが美術系大学生KanちゃんがPARTリーダーを務めているだけあって,今季はまたひときわ華やかな「鼓」やなぁ。
あれ?Pit.はブラウンのポロで,BatteryはネイビーのTシャツなんやね。趣味の問題?それとも予算かな(^0^;)
5092105鼓Tシャツ2015
体育館での練習ではありますが,今日は音から見直していくということで,午後は合奏からスタート。
動き出す前に,じっくり音色とバランスをチェックし,吹き方をより細かく整えていきます。今日はお揃いの鼓シャツが,合奏隊形の前後を固めています。

『今日は音中心のレッスンだった。M2で音色をキツくならないように自分自身は吹いてるけど,まだ硬くて細いので,もっと暖かい息を使って吹いていく。どうしたら柔らかく聞き惚れるように吹けるか研究して,こだわりと責任を持って練習していく。』
5092107レッスン開始
音のレッスンでは,どうしても仕上がり的に,アレンジが薄い,弱奏で繊細で微妙な部分がメインになりがちです。そうなると話がHornLine(管楽器)とPit.に偏るのは致し方ありません。
かくして暇になりがちなのが後方に並ぶBattery人たち。さすがに慣れたもので,お呼びがかかるまで振付やバチ練など,音を出さずにできる自分たちの課題に取り組みます。

『レッスンでは,今まで気にしていなかったM1Eのメロディや,M2Aの吹き方を指摘されました。戸惑いもあったのですが,前よりも良くなったので,これをいかに活かしていくかを考えてコンテ練で吹いていくようにしたいです。』
5092108レッスンと自主練
レッスンの成果を確かめる,本日2回目のランスルーは記念すべき?第10回目。
さすがに全体の流れはこなれてきたように思いますが,まだまだラインやインターバルは甘い気がします。音色もかなりクリアですが,一体となった「音圧」感は今ひとつ。全体的に「凄み」が感じられないな,という印象です。もちろん,例年のこの時期と比べると,要求される内容も高度であり,ショウのレベルも1ヶ月は前倒しで伸びてはいます。
5092109ランスルー21B
そういえば,Gryphons2015「SAKURA〜花を散らすと見る夢は〜」は,Gry史上おそらく初めてのダウンENDINGを採用しています。
メンバーが好むという要素もあり,ガツガツに吹いて叩いて終わる,というENDINGがいつものパターンでした。今季はピッコロSoloで静かに始まり,静かに終わる,というスタイルにしてみました。ぜひご注目下さい。
ところで,ランスルータイムは,何と初の規定オーバーとなる8分02秒。どうやら指揮するDMレオくんもまだテンポに確信が持てていないようですが,これはすぐにどうにかなるレベルでしょう。
5092110DownENDING.jpg
『京都府大会の次の日,という練習でしたが,みんな集中できてたと思います。振りの足を出すタイミングなど,細かく見てるとまだまだなので,もっとシビアに練習していきたいです。これから,たくさんチェンジが入ってくると思いますが,一つ一つ楽しんで練習していきたいです。』

【本日の番外編その1】‥‥Night Gymnasium 2
今夜も現役高校生たちが八木駅へ向かった後,自力移動の一般メンバーたちが夜の体育館で自主練。
もはや常連のTD・KimくんとSTAFF・Kuroちゃんのマンツーマンレッスン,そしてM1「春風」冒頭で,花咲か爺さんならぬ花咲か姉さん?を演じるAsupyとYui。この二人が踊り出して灰ではなく花びらを撒くと,枝の桜が開花を始めて一気に春が訪れる,という設定になっています。
ふだん仲がいいくせになぜかあちらこちらでバラバラに吹くTuba人。自分の音に集中したいのか,Isshiyにいたっては一番奥の角と向き合っています(^_^;)
5092111NightGymnasium2.jpg
【本日の番外編その2】‥‥ホワイトベース異聞
全8基となるプロップを安全かつ効率的に輸送するため,N兄工務店謹製の輸送用BOXが開発されました。今季の流れに沿って,このプロップは「ホワイトベース」と名付けられ,今回の八木輸送で初めて実戦に投入されました。
細部の仕上げが残っていたので,夜の体育館をドックに見立てて補修工事をしたところ,お約束通りの展開に・・・(^0^;)
ねぇレオくん,何ならそのまま朝まで寝ててもいいよ?!
5092112ホワイトベース?
【本日の番外編その3】‥‥鼻血とNewスティック
昼休みのひととき,玄関前のアプローチで輪になっているBatteryテナードラムの面々。おやおやKimくん,華々しく鼻に詰め物して,大変やね(v_v;)
で,皆さんはいったい何を?
と訊いてみると,新しいスティックを使うことになって,ホクホク準備中とのこと。
では,これで午後からの合奏もバッチリやね!
5092113鼻血とNewスティック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gryphons.blog104.fc2.com/tb.php/524-3b943952

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

たかはしT

Author:たかはしT

since 2007.05.13.

Gryphonsへの連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん