FC2ブログ

Gry的日常

TONAN Marching Band The Gryphonsの活動をご紹介します。

ラストコンテの日(その1)

合宿後,最初の練習は今年初めての南丹市八木町。
ここ数年,年間10回ほどお世話になっている,やはりホームグラウンド的な体育館です。八木で練習するのは昨年12月以来で,メンバーも懐かしそうでした。
今日は13時からの「午後~夜間」区分を使うパターン。午前中にM先生から届いたM3ラストまでの全コンテを印刷して持ち込みました。
M3「Demon God」も合宿で21図まで読んでますが,「Demon God」後半22図(Batteryソロ)から「Ashitaka and San」のラスト45図までを今日から読むことになります。
080901ラストコンテ読みの日

今日は所用でDM.Sonyさんはお休み。代役でDMを務めますのはもちろんN兄。
昨年の合宿最終日に引き続いて二回目の大役です。
まず,一日の始まりは練習スケジュールのホワイトボードを書き込むことから。
よろしく頼みますよ。
080902今日は主役
む,Sonyさんと違って太々とした文字が新鮮な印象ですね。
色づかいも「一番主張したいこと」に特化しているんだ・・・え?違う色があったのに最後に気づいたから?!
いや,まぁ,いいんじゃない? そういうことにしときましょう。
社名と肩書きがブルーってのもおシャレじゃないですか。
080903今日のWB
ストレッチ→トレーニング→MMと,一連の基礎練習を終えたメンバーは,体育館フロアに並べられたコンテに群がります。
「お!カンパニーや!」
080904コンテ配布
その後は休憩を兼ねてコンテ予習タイム。各PARTごとに分かれ,取ってきたコンテを配り,自分のポイントやセンターライン,動きの拍数や方向を確認していきます。
よその団体さんの様子は全く知らないのですが,コンテをメンバーが読む時って,やはりこんな風に,自宅のリビングで寛いでいるみたいな雰囲気になるんでしょうか?
それとも,こんな緩いのは珍しいのかな?(でも一応休憩時間だし・・・)
080905コンテ予習
さぁ,予習を終えたらいよいよコンテ読み開始。
実際にフィールドに立って,コンテ上のラインが実際にはどんな風に見え,自分の隣には誰がいるのか,確認してみましょう。
今日から高校1年生の一部は,琵琶湖畔で始まっている塔南高校学習合宿に参加しているうえ,「コンテ読みメイン」ということでPit.は校内練習のため,いつもより何だか寂しく感じてしまいます。
080906コンテ読み
コンテ読みが一通り区切りがつくところまで進んだところで「夕休み」が入ります。
午後~夜間の区分は,13時から21時(練習は19時30分前後には終了)の枠になりますので,昼休みではなく「夕休み」。
帰宅がどうしても夜遅くなってしまうので,ここで軽く何かをお腹に入れておくメンバーが多いようです。まだまだ元気なのは“若さだけは負けない”Guardの高校1年生たち。
080907夕休み1
こちらは平均年齢が高く,経験値の高さと“熱い想い”で勝負するBatteryたち。
体育館のフロアでは,HornLineが練習を続けています。練習の効率を考えて,夕休みもセクション単位で交互に取っているのです。
080908夕休み2
夕休みが終わるころから陽が傾き,夕暮れが迫ってくるとグッと気温が下がって過ごしやすくなりました。日中の残暑は厳しいものの,この時間帯になると少し秋の気配も・・・。
080909たそがれ
外が暗くなっても,館内では“熱い”練習が続きます。
「Demon God」冒頭で叩きながら駆け回っているのはBattery。
合宿で初めて動いた時は,いったい何をしているのか,見ていてもさっぱりわかりませんでした。(バタバタ忙しそうに彷徨っているとして見えませんで・・・)
合宿の後半にモリモリがんばった成果ですね。ラインがどのように回って→重なって→分離してというのがはっきり見えるようになってきました。そうなるとスティックワークの決めもバッチリ見えてどんどんカッコよくなってきます。
それにしても,このラインの端あたりの動き・・・速いですね~
080910走るBattery
いつもコンテが配布された初日には「とりあえず吹いて(叩いて)動いてみる」ところまでを目標に練習を進めます。今日は練習が始まった午後の早いうちは残暑に苦しみましたが,夕刻から気温が下がって練習もサクサク進みました。
南丹市八木町だからかもしれませんが,7月に練習した伏見区内の体育館より,涼しく感じます。
080911コンテ練
一通りのコンテ読みはとりあえず終了。
ただし,まだ全曲を通す「ランスルー」ができる状態ではありません。今季のコンテは昨季以上にレベルが高く,メンバーの一人一人が自分のポイントからポイントへ正確に動かないと,何をしているのか分からなくなってしまう部分がたくさんあります。
今季のクリーニングは,なかなか手こずりそうですね。
でも,これだけ動けるチームになっていけるだろう,というM先生の見込み(期待?)があってのコンテ。みんなの気持ちと力を一つにして,挑戦に応えていきたいと思います。

コメント

ご声援ありがとうございます

ハッと気がつくとカウンターが30000を越えておりました。
今季は更新が現実になかなか追いつけていないにも関わらず,ご覧になっていただき,ありがとうございます。
塔南高校は夏休みも終わってしまいましたが,何とか現実に追いつけるようにがんばります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

たかはしT

Author:たかはしT

since 2007.05.13.

Gryphonsへの連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん